システム・ビット 医療関連パッケージ > 事例 > 事例3 -平成28年度 沖縄アジアITビジネス創出促進事業 事例-

事例3 -平成28年度 沖縄アジアITビジネス創出促進事業-

沖縄県助成金事業に採択され、事業を開始しました。

海外(主に東南アジア向け)の健診業務輸出をお手伝い致します。

  • 助成金事業で開発を実施したクラウド健診システムと医療画像管理システム(PACS)、臨床検査システム(LIS)、電子カルテを多言語対応し、東南アジアの医療機関へご提供が可能となりました。(※全て当社のパッケージ製品)
  • 日本語、英語、+α言語において、業務に必要となるパッケージをワンストップにてご提供することが可能となり、短期間・ローコストでのシステム展開を実現することが可能となりました。

多言語環境の導入効果

多言語環境にて提供が可能なシステムを導入することにより、現地スタッフにおいても健診システムを容易に使用することが可能になりました。

健診結果項目を言語切り替えすることにより、判定コメントを言語ごとに入力する必要がなくなり、各言語間の翻訳作業の簡便化を推進することが可能になりました。

second_stage_clouds
second_stage_clouds